【Youtube紹介】【FX動画】もしMetaTrader用GMMA鰯食いEAをドル円100円到達日に動かしたら?

Youtube紹介です!(取引手法関連)
p>

『アノテーション』で解説を入れてあります。

2013/05/10はドル円が100.0円到達した記念日で、かなり強い上昇トレンドの一日でした。

そのような相場のときのGMMAとローソク足の関係が分かるように、GMMAの鰯食いシグナルを参考にしたEAをドル円100.0円到達日(5/10)の00:00~23:59の期間でシミュレーションして動画に纏めてみました。

≪参考≫
————————————————————-
≪GMMAについて≫
『FX最強チャート GMMAの真実[陳 満咲杜著]』を参考にしました。
『鰯食い』シグナルの意味もこの書籍に記載されています。
この動画ではGMMAの線を各3本(本来6本)にして表示しています。
GMMA短期線(青線): EMA(6), EMA(10), EMA(15)
GMMA長期線(赤線): EMA(30), EMA(45), EMA(60)

————————————————————-
≪EAの動作仕様≫
今回はtaro_FibBands_Systemのパラメータ設定でGMMA鰯食いEAを実現しました。

(注意)このEAはGMMAの鰯食いシグナルのイメージを元に、この動画用にサンプル的に作成したもので、本物の鰯食いシグナルの仕様とは異なります。

≪エントリタイミング≫
(1) GMMA長期線群(EMA30~EA60)に終値が入ってきたとき
(2) GMMA短期線(EMA6-EMA15)がゴールデンクロスしたとき
(3) (鰯食いではないですが)茶色(1)レベルの50%戻し線にタッチした瞬間

≪エントリのフィルター≫
 EMA(60)より上に終値がないとエントリしない

≪損切り位置≫
 EMA(60)

≪ロット数≫
 資金の2%以内になるように損切り位置から逆算

≪ポジション数≫
 ロングとショート、それぞれ最大5個まで同時保有可能(ちょっと多すぎかな!?)

≪トレーリングストップ≫
 EMA(60)の位置。損益がプラスになる前から切上げる。

≪ポジションクローズタイミング≫
●トレーリングストップに掛かったとき
●茶色(1)レベルの161.8%線(水色)にタッチしたときに、各ポジションを半分(50%)決済

≪対象通貨ペア≫
 ドル円(USD/JPY)

≪対象日時≫
 2013/05/10 00:00~23:59

コメント

タイトルとURLをコピーしました